株式会社 Shuka Berry 主催 講師オーディション 準優勝のスピーチ

参加者の声

  • 内容が興味深いだけでなく、発想の仕方、考え方、捉え方が面白く、次は何?何?といった感じで10分間がとても短く感じた。もっと聞いていたいと思った。
  • ブランドがなきゃだめ。野崎ワールドが聞けて良かった。テンポ良く、聞きやすかった。
  • テンポ良く進んで聞き入りました。
  • 面白いオチを入れながら話しているので、笑いがでていた。面白い話が入っているので、話にのめりこませることができていたと思う。3つのポイントなどにして、聞いている方が実際に行動しやすいと思った。すぐに行動できそうなレベルで具体的に話してくれたのでわかりやすかった。
  • 黒服と思わせるスタイルで強い印象を与え、レクチャーの内容に引きこむパワーを感じました。導入部、本題、発展へのお話の流れと配分も適切でした。
  • リズムとネタでお笑いみたいに楽しく聞けました。具体的に実践できる事例(自分の体験を活かして)でわかりやすくて良かったです。
  • 話のテンポが良くて、思わず見入ってしまいました。服や見た目にインパクトがあって、内容と合っているのでいいです。
  • 一人漫才みたいな感じで面白く聞けました。少し早口かなと思いました。10分間で詰め込んだという感じがして、60分、90分だと何が聞けるのかという期待が膨らみました。
  • 入り込みが良かった。最初から引きこまれ、話を聞いてみたくなった。悲しい話なのに楽しく聞けて元気がでた。文の流れが物語化していて、頭に残りやすかった。実践できる内容が聞けて良かった。手の振りを変化させた方がメリハリがつくと思った。
  • サクセスまでのストーリーが明確でわかりやすかったです。
  • ブランディングの大切さがとてもよく理解できました。「ブランディング=自分らしさ」が心に響きました。3つのコツがよくわかりました。全体に心地よいスピーチでした。
  • すごく正直な方だと思いました。自分の印象を使って伝える力はすごいと思います。共感する部分もあって聞きやすかったです。
  • 自分自身の経験談を話して相手を引きつけている。笑いを誘う話し方、とても聞きやすい。キャラがはっきりしている。

審査員のコメント

冒頭のつかみから、テンポのよい展開、実に心地よく聞くことができました。
正直、「もう終わり?!」と残念になるくらいです。
個性もここまで突き抜けると十分にブランド化されていると思います。
ノウハウも共感できます。

このテーマがクライアントへの営業トークであれば、問題なしですが、セミナーということであれば、実際にこのノウハウで改善された事例、他の方の印象力を改善させた事例があるとより信憑性を増し、完成の域になると思います。

キャラクター設定がパーフェクト!自分を知っていて見せ方を知っていますね。
キャラクターと服装とテーマが見事にマッチしていてプロ意識のすごさを感じました。
話が本当に上手!つぶやきシローが早口になったみたい。まるで漫談を聞いているようでした。
自虐ネタからのノウハウはとても面白くて、聞いている人をひきつけていました。
笑いのポイントもちりばめられていて、もっともっと聞いてみたいと思いました。
また、3つのノウハウもよかった。自身の経験からつながっていたし、シンプルでかつ再現性のある行動にきちんと落とし込まれていました。
「隣の人に聞いてください」は、休憩中にすぐやろうと思えましたし実際にやりました。(笑)

ただ、全体を通じてずっとほぼ同じ口調とテンポだったので、どこか一箇所だけでもほろっとさせる部分とか沈黙や、まったく違うアクションをとるなど、緩急を意識したらもっと聞いている人をひきつけることができると思います。

前のページへ戻る