300人未満の企業専門 社外人事部長サービス

部長なのに新卒初任給並のコスト

ここ数年で人事労務のトラブルが増えています。大企業であれば、人事部があり、人事労務に関する法律の知識を持った社員が対応しますが、多くの中小企業の場合、人事部はありません。そのため、知識を持たない経営者が対応することが多く、大きな負担を強いられています。

企業が発展するためには、売上げを向上させる必要がありますが、そのためには社員が働きやすい環境を作ることが重要です。

しかし、経営者は忙しいので勉強する時間はありません。 となると、できる人を雇うことになりますが、ある程度人事の業務ができる人材を雇うとしたら500万円以上の年俸を払う必要があるでしょう。

人事部長クラスとなれば少なくとも800万円以上の年俸になるでしょう。雇ってしまったら解雇することは難しいということも忘れてはいけません。

当事務所は、100人未満の企業様に対して、社外の人事部長として経営者の右腕となるべく、サポートを行うこととしました。

社外人事部長のメリット

  • 一度雇用したら解雇は難しい ⇒契約に基づき解除は可能
  • 社会保険の加入が必要 ⇒社会保険の加入は不要
  • 福利厚生等の給料以外のコスト増 ⇒福利厚生は不要
  • 能力についての不安 ⇒企業人事経験と実績のある社会保険労務士が担当
  • 人件費が高い ⇒コストは新卒初任給並

※ 社外人事部長のメリットの上段は雇用した場合の事項

社外人事部長 担当業務内容例

  • 人事労務相談業務
  • 労使トラブル予防・解決
  • 経営労務監査(リスクの洗い出し)
  • 従業員満足度診断
  • クレド作成コンサルティング(組織改革)
  • 企業と社員のブランディング
  • 社員の人材育成
    ※ その他要望に応じて

お金で動機付けをしないで下さい。ESを高めることが大事です!

発表

ES(Employee Satisfaction)とは社員が仕事を通じて、『自己の成長や理想的な人生に繋がる充実感を実感できる』ことです。

ESが高いと、社員は自分の仕事に満足感や誇りを持って仕事をするようになります。
その結果として、CS(顧客満足度)が高まり、業績向上につながるのです。

当事務所はESを高めるための組織活性コンサルティングに注力しており、人材育成やクレド導入を行っております。次のような成果が出ています。

  • 離職率が低下し、採用コストが削減できた。
  • 労使トラブルが減少した。
  • 社員が自ら考え、自主的に行動するようになった。
  • 愛社精神が芽生え、チームワークも良くなった。
  • 来客数が増加し、業績が向上した。

コンピテンシー

ESを高めるために、経営理念を浸透させるべく映画を用いた研修、クレドの作成、仕事ができる人の行動を共有化する仕組みなどを行います。

キーワードは『気づき』と『体感』です。自ら考えて行動する習慣を身につけさせます。

当事務所は、経営者に理念浸透型経営を提案しています。なぜなら理念が浸透している企業は、景気に左右されずに業績が向上しているからです。不景気でも業績が好調の企業の特徴は3つあります。

  • 経営理念が従業員に浸透している。
  • 理念に基づいて従業員が自律的に行動している。
  • ES(従業員満足度)が高い。

経営者は理念を従業員に浸透させるとともに、従業員にどのように行動すればいいかということも示していく必要があります。

理念浸透型経営

理念浸透型経営を実践すると…

  • 社員が自ら考えて行動するようになるため、経営者の労力が減る。
  • 価値観や想いを共有できるようになるので組織がまとまる。
  • 労使トラブルが減少する。
  • 離職率が低下する。
  • お客様に対して良いサービスが提供されるようになる。
  • 紹介によりお客様の数が増え、結果として業績が向上する。

経営者と社員の橋渡し役です。わずらわしい事は丸投げして下さい!

ESの高い会社の例として、高級ホテルのリッツ・カールトンが挙げられます。

リッツ・カールトンは数々の伝説を作り、お客様から支持されている超一流ホテルです。リッツ・カールトンの躍進の理由の1つには、スタッフのESの高さにあります。

ザ・リッツ・カールトン東京

修了書

私は企業の業績を向上させるためには、リッツ・カールトンをモデリングした方が良いと感じたのです。アメリカにはLeadership Centerというリッツ・カールトンの研修機関があります。私はリッツ・カールトンの教育の真髄を学ぶために、Leadership Centerの副社長でリッツ・カールトングループ32,000名の社内教育総責任者であるダイアナ・オレック氏のセミナーも受講しました。そして実際にサービスを体感し、気づきを得るために、定期的に宿泊するようにしています。

リッツ・カールトンのエッセンスを企業に導入するためにやってきたことですが、このような取組みを行っている人事部長、人事コンサルタント、社会保険労務士は全国でもほぼいないでしょう。

社員に対しての人材育成も行います。その中で経営理念を浸透させ、自ら考えて行動できる人材に育てるべく教育を行っていきます。仕事に対する姿勢という基本的なことから、優秀な社員の行動の共有化といった特殊な内容まで対応可能です。

中小企業と大企業の差は教育にあると言われています。教育を行うことで社員の能力を高め、そのような社員を増やしていくことが結果的に企業の業績向上につながるのです。

社会保険・労働保険に関する諸手続き、人事労務相談業務、労使トラブルの解決ができる人事部長や社会保険労務士は沢山います。組織改革ができる人事コンサルタントも沢山います。

しかし上記の業務に加えて、人材育成や組織改革にリッツカールトンのエッセンスを活かしてできる人材はほぼいないでしょう

人事部長+社会保険労務士+人事コンサルタント

というマルチプレイヤーを雇うことはまず不可能ですが、当事務所は上記要件を満たしております。当事務所の特徴及び強みは以下の通りです。

  • ESを高めるためのコンサルティングを専門としている
  • リッツ・カールトンのエッセンスを活かしたコンテンツ
  • 労使トラブル解決から組織活性までワンストップで対応
  • 上場企業の人事部門での経験と実績がある
  • 法律論ではなく、各社の実情に即したアドバイス
  • WEBの活用によるメディア戦略、ブランディングの実施
  • 超経営者側のスタンスとフットワークの軽さ
  • 取材、出版、講演依頼も多数(外部からの信頼度が高い)

通常であれば、人事部は利益を生まない間接部門と認識されています。そのため、中小企業では人事専門の社員を雇いません。社外人事部長サービスの主旨は、企業の業績を向上させることにあります

実際に労使トラブルも減少し、業績が向上してきた企業があります。 また、講演や執筆の依頼が多く、外部からの信用度も非常に高いです。

外部からの信用度も非常に高い

お客様の声

あさか台動物病院
http://www.asakadai-ah.jp/

院長 宗像 俊太郎氏

私はスタッフが楽しく充実した仕事ができる病院にしたいと考えており、そのために必要なことは何でも実践していきたいと思っています。

自分の家族である動物が病気になり、不安を抱えご来院される飼い主様に対し、思いやりをもって対応をすること、また私共獣医師および看護師が一丸となってチーム医療を実践することが何よりも飼い主様の救いになることと考えます。

そしてチーム医療を実践するためには、スタッフ全員が、同じ思いや考えで行動することが必要です。そのような行動をするために病院の信条や行動指針を簡潔に記した「クレド」が必要だと思いました。

野崎先生から、クレドは経営者側で作るのではなく、スタッフ自身が作ることで、スタッフの自主的な行動につながると聞いたので、やってみることにしました。それにより患者様へ、より良い医療とサービスができれば、結果的に飼い主様の満足に繋がると思ったのです。

当院のスタッフは野崎先生にお会いしてから、確実に変化しているように思います。
クレドを作成してから、チームワークが格段に良くなりました。今までは私が指示をすることが多かったのですが、スタッフが自発的に動けるようになってきたように思います。

クレド完成の打ち上げの際に、スタッフが密かに用意してくれていたサプライズにとても感動しました。カード形式に印刷したクレドだけでなく、スタッフが密かに作ってくれたお手製のクレドやお花の用意など、今まではなかったように思います。いつの間に準備したのか聞いてみると、休憩時間や就業時間後だと聞いて驚きました。

このようなスタッフ達が当院を支えてくれていることを誇りに思います。我々は動物病院の仕事を通して、社会と繋がっています。我々は社会に対して何らかの貢献をしなければなりません。クレドを規範としてスタッフ全員の力を結集させ、地域のホームドクターとして皆様に信頼される動物病院を作りあげていきたいと考えています。

獣医師長 永井 恭子さん

今回クレドの作成にあたり、普段なかなか話す機会がないスタッフとの会話が増えたり、お互いの考えをしっかりと伝え合えたりすることが出来たため、色々な面から本当に良い機会になったと感じています。

忙しさの方が先行してしまうと、何か思うところや新しい意見を言いたいことがあったとしても、ただ日々の雑務をこなすことで毎日が終わってしまう、そしてその状況がスタッフのモチベーションの低下やストレスにつながっていくという悪循環を生じさせてしまうかもしれません。

しかし、クレドをみんなで作り上げるという共通の大きな目標のおかげで、一人一人がしっかりと考え、あさか台動物病院のスタッフの一員であるという強い自覚を持って、よい診療を行っていくには何を大切にして、自分たちは何をするべきなのかということをしっかりと認識することが出来たと思います。また、頼れる仲間、チームとしてのつながりも強く感じることが出来ました。

今後は、今回みんなで作成したクレドを胸に、動物たちとオーナー様によりよい医療が提供できるよう毎日の診療に取り組んでいきたいと思います。このような貴重な時間を経験させていただき、本当にありがとうございました。

看護師長 南 てるみさん

動物看護師の仕事において、専門的な技術や知識は当然必要とされます。
そのため皆で学会やセミナー等へ参加しより良い医療と看護を勉強して参りました。
今回のコンピテンシー作成では、日々の仕事の中であえて意識していなかったもっと基本的な部分を看護士同士がお互いに確認しあうことができました。

看護師全員で動物達や飼い主様に対する気配りや仕事への心構え、さらにそれらをより具体的に挙げることで、それぞれ個人の様々な思い、考え方や行動が分かり、中には驚きもあり、また改めて気付かされることもありました。そして何より意見を出し合い話し合うことで、今まで以上に同じ志を持つ「仲間」としての意識が深まったように感じます。

出来上がったコンピテンシーの内容は極々当然のものばかりですが、この仕事を続ける中で決して怠ってはいけないものばかりです。私自身も、そして共に働く仲間達がこれらを胸に協力しあえば更により良い病院が築けるものと思います。

経営者の悩み、相談、愚痴も聴きます!

社外人事部長のメリット

  • 新卒社員並の報酬額でしっかりとした内部体制の基盤作りができる。
  • 電話、メールでの相談は無制限
  • 客観的な視点で現状の組織の問題を洗い出し、課題を発見し、解決できる。
  • 労使トラブルが減少する ⇒ 無駄な労力の削減
  • 離職率が低下する ⇒ 採用コストの削減
  • 社員が自主的に行動するようになり、マネジメントが楽になる。 
    ⇒ 事業に専念できる
  • 社内のコミュニケーションが良くなり、組織がまとまる
  • 仕事ができる社員が増える
  • 良い人材が集まるようになる
  • 社員の対応が良くなることから、サービスが向上しクチコミが生じやすくなる。
    ⇒ 顧客が増える
  • ゆっくりと業績が向上する

費用について

例えば、組織改革をコンサルティング会社に頼めば、それだけで1,000万円以上かかります。研修を1回やるだけでも30万円以上はかかります。

社外人事部長サービスのコストをご覧下さい。
例えば年収800万円で人材を採用した場合と比較してみましょう。
(月給 50万円 賞与年間200万円のケース)

  社外人事部長 雇用した場合
月給(報酬) 200,000円〜 500,000円
賞与 0円 2,000,000円
社会保険料 0円 887,580円
有給休暇 不要 必要
福利厚生、デスクPC等の備品 不要 必要
年間合計 2,400,000円〜 8,887,580円+α

社外人事部長サービスの月額報酬は200,000円からとなっております。
新卒の初任給並の金額ですので、正直いってこの金額では採算が合いません。しかし中小企業の経営者の方の要望、潜在的なニーズがあることから決意しました。

この金額が高いか安いかの判断は人によって違うでしょう。
事業を発展させるためには、内部環境を整える必要があります。それをせずに一時的に上手くいったとしても長期的には続かないでしょう。

失礼な話ですが、当事務所はご依頼を頂かなくとも一向にかまいません。今回のサービスは意識の高い企業様とのみお付き合いさせていただき、さらに発展していただくことが目的だからです。1社様と深い付き合いをさせていただくこととなりますので、マンパワーに限りがあるのです。
したがって10社様までとさせていただきます。

200,000円は安い費用ではありません。まず御社の現状と将来像を考えて下さい。それからメールもしくはお電話にてご相談下さい。(相談無料)

お申し込み・お問い合わせはこちら

メディア取材、執筆、講演依頼はこちらまで

税理士紹介の士業ねっと!